もう1種類の「フムス」

こんにちは、木曜日担当の矢倉です。

皆さん!「フムス」召し上がられましたか?

今回は「フムス.COM」で紹介されていなかった「フムス」をご紹介させて頂きます。

「ノンガーリック Ver」です。

「フムス」を食べたいけど匂いが気になる方の為にご用意しました。 本日よりプラスメディLUCUA店でサラダにトッピング出来ます。

「ノンガーリック Ver」はプレーンより少し「オリーブオイル」を増量しています。

オリーブオイルのオレイン酸には、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させるコレステロールの低下作用、また、オレイン酸は酸化しにくい脂肪なので、がんや生活習慣病などを予防する効果が期待できます。オレイン酸以外にもビタミンEやポリフェノールなど活性酸素を抑制する栄養が豊富に含まれています。その他ダイエット効果、整腸作用、美肌効果、等の効果が期待されると言われています。

サラダに「ノンガーリック Ver 」フムスの組み合わせで食物繊維も摂れるので美容、健康に気遣ってる方にちょうど良い商品です。

「今日の食があしたをつくる」

日々の食事で健康な生活を・・・!

プラスメディの「フムス」Localize編

こんにちは木曜日担当の矢倉です。

今回はプラスメディの「フムス」の特徴についてお話します。

プラスメディの「フムス」と他の「フムス」の違いは以前にもお話させて頂きました「エキストラバージン オリーブオイル」、「ごまペースト」の割合が多く滑らかな食感、そのままで召し上がって頂ける。

そして今回は「味のローカライズ」です。

日本には海外から様々な食品が輸入されています。身近で代表的なものは  「カレー」ですね。16世紀のいわゆる「大航海時代」の頃インドでカレーと出合ったようです。日本にはその後 ヨーロッパを通じて明治時代に入ってきました。現在、日本のカレーは独自の進化で海外からも 人気の食べ物になっています。

プラスメディの「フムス」も日本人の味覚に合わせて作っています。或る統計で15歳~79歳男女2400人に対して「スパイスの効いたものをよく食べる」の質問に「当てはまる」と答えた人は33%でした。「以外に少ない結果でした」このようなリサーチ結果を参考に日本人の好む「フムス」を 作ることにしました。

海外の「フムス」はチリペッパー、ブラックペッパー、カイエンパウダー、クミン、パプリカ、ガーリック、等のスパイスを使用していますが日本人の食文化で馴染みのあるスパイスを使用してプラスメディの「フムス」は作られています。

他の「フムス」と食べ比べる「価値」がある「フムス」です。一度食べると  きっと「フムス」ファンになるでしょう。

勿論、「スパイス大好き!」の皆さんもスパイスをトッピングして更に   「美味しく」召し上がる事が出来ます。

来週の水曜日、「フムス」をGETして下さいね。

 

プラスメディの「フムス」Making編

フムス.COM 木曜日担当の矢倉です。

今回はプラスメディのフムスに使用されている
「有機ひよこ豆」を中心にお話させて頂きます。

プラスメディのフムスには
アメリカ産の有機ひよこ豆を使用しています。

ひよこ豆は2時間ほど浸水します。

次に100℃で90分で撹拌しながら炊きます。

炊きあがったひよこ豆を十分に脱水し粉砕します。
出来上がったのがペースト状のひよこ豆です。

出来上がったひよこ豆に風味豊かなまろやかな味の
スペイン産「エクストラバージン オリーブオイル」
大変旨味に優れている中南米産「ごまペースト」等を加えます。

プラスメディのフムスには他社の「フムス」と比較して
「エクストラバージン オリーブオイル」と「ごまペースト」が
多く含まれています。何もトッピングしなくても「美味しく」召し上がれます。

さらに、召し上がられるときの「食感」「味」を良くしてくれます。
一般的な「フムス」は滑らかさに欠けるため召し上がられるときに
オリーブオイルをトッピングすることでカロリーも高くなります。

そして「エクストラバージン オリーブオイル」「ごまペースト」は様々な
効果が期待される食品です。

 

 

 

 

 

 

 

「エクストラバージン オリーブオイル」は抗酸化作用が高い
オレイン酸が中性脂肪をつきにくくしてくれるほか
鉄分・ベータカロチン・ポリフェノール・カルシウム・ビタミンEなど
若さを保つために必要な栄養がたくさん含まれています。

 

 

 

 

 

「ごまペースト」に含まれる栄養成分には次のようなものがあります。
ゴマリグナン、カルシウム、鉄、タンパク質、リノール酸、マンガン
マグネシウム等がありますが「ごま」は硬い殻におおわれていますので
そのまま食べても、消化・吸収がよくありません。
その点、フムスはペースト状で摂取できるので効率よく吸収できます。

4月26日(水曜日)から販売されますので是非、お試しください。

詳細はこちらからどうぞ。↓↓
フムス.com

プラスメディのフムスで使用しているバシルペーストが美味しい理由

フムスの生産を担当しています矢倉です。

生産に関わって一番大切にしている事は
「安心、安全」な商品をみなさんにお届けする事です。

「安心、安全」は当たり前の事ですが素材から無添加の食材を使用し

「健康」にも気を付けています。

人の体の基本は日々の食事から出来ています。

つまり・・・「今日の食があしたをつくる」です。

例えば、フムスは海外から輸入されている商品が多いのですが

増粘剤、Ph調整剤(日持ち向上)等の
様々な添加物が使用されています。

みなさんもご存じのように「豆製品」は日持ちがしにくい物ですヨね。

でも実は、プラスメディのフムスは添加物不使用なんです。

主原料のひよこ豆はオーガニックのひよこ豆を使用しているのです。

生産工場はオーガニック認定工場取得を目指しています。

そして・・・バジルなんです。

 

 

 

 

 

今回、一番お伝えしたかったのは「バ・ジ・ル」!!

兵庫県たつの市で栽培され収穫したての新鮮なバジルを同市の

加工場でペースト加工しています。

バジルをオリーブオイルだけでペーストに加工しています。

なぜ?オリーブオイルを使うと思いますか?

それは、オイルで新鮮なバジルの「香り」を閉じ込めるためです。

 

 

私たちが使用しているペーストです。

鮮やかなバジルの色を保つ為にも様々な工夫をしています。

是非、国産バジルの「香り」をお楽しみください。

次回も生産の裏話しま~す!

日本人の90%が知らない、世界の食べ物。フムスってなに?

フムスと野菜スティック

こんにちは。
フムス.comブログの月曜日担当Rayです。
このブログではフムスの魅力やレシピについて更新していきます。

では今回は、基本的なフムスってなに?について書いていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目次
①フムスってなに?
②フムスの流行
③フムスの食べ方
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①フムスってなに?

フムスとは中東の伝統料理の一つで、ゆでたひよこ豆に
ニンニク、練りごま、オリーブオイル、レモン汁などを
加えてペースト状にしたものです。

豆とゴマを主原料にしているので、
たんぱく質や食物繊維が豊富で、ミネラル分も多く含まれています。
またオリーブオイルに由来する不飽和脂肪酸の豊富に含み
かつ純植物性料理なので、世界中のベジタリアンに
好んで食べられています。

英語ではHummusと記載するのですが
フムス、ハマス、ホモス、フンムス、ハンムスなど
様々な名称で呼ばれています。

ちなみにアラビア語の正式名称は
「フンムス・ビッ=タヒーナ」
単にフンムスというのはひよこ豆の事を指すんです。
このサイトではフムスを正式名称として進めていきます。

②フムスの流行

ヨーロッパやアメリカでは2010年頃より
多くの有名女優さんが食べているとSNSで公表したことから
爆発的に流行はじめました。

代表的なのはレディーガガ。彼女は自身のライブでも
フムス好きだと公言しているほどの愛好者です。

そんな中、日本にもフムスの流行の兆しがあります。
2016年にフムスの専門書が発売されたり
大手レシピサイトにもフムスのレシピがどんどんUP
されてきています。

まさに今年が日本のフムス元年になりそうですね。

③フムスの食べ方

また別の記事でも詳しく書いていきますが
フムスの食べ方は大きくわけて2つあります。

・カット野菜やトルティーヤチップスでディップして食べる

・トーストやサンドイッチに塗って食べる

 

今回は基本的なフムスについて記載しました。
これからそれぞれについて詳しい記事を
書いていく予定にしています。
楽しみにしてくださいね♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
+mediのフムスは有機ひよこ豆を使用し
無添加、無着色にこだわって製造しています。

簡単アレンジでオリジナルフムスが作れるので
多くの方にご支持いただいています。

4月26日より新発売予定です。
CHECK⇒フムス.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~